MediaForgeとは

<コンセプト>

エンゲージメントベースの成果報酬型ディスプレイ広告

MediaForge(メディアフォージ)は、ユーザーがバナーに接触したことを示す"エンゲージメント"という新しい広告指標をベースとした、成果報酬型のディスプレイ広告です。数多あるディスプレイ広告とは大きく異なる特長を持った広告商品となっています。

◇ MediaForgeの独自性を示す4つの特長

  • "エンゲージメント"指標の採用
  • 成果報酬型の課金モデル
  • キャンペーンをトータルに運用
  • 高い透明性と分析レポート

エンゲージメント:広告をクリックしないユーザーもターゲティングします

私たちは日々、実際のキャンペーンを通して、広告をクリックしないユーザーの方が実はクリックするユーザーよりも遥かに多いという事実を目の当たりにしています。クリックをしないユーザーも重要な顧客であるにも関わらず、そうしたユーザーを上手くターゲットできていない、あるいは見過ごしてしまっている、ということはないでしょうか?

一方、インプレッションという指標に目を向けても、今度は実際にユーザーの目にとまる領域に広告が表示されたかどうか分からない、果たしてユーザーは広告に影響を受けたのか、ある程度の確信をもって効果を把握する術がない、というジレンマを抱えてしまいます。

MediaForgeはそこで、このインプレッションとクリックの中間の指標として"エンゲージメント"という指標を提案しています。私たちは、ユーザーがマウスポインターをバナーに触れさせた状態やバナー上でのあらゆるインタラクティブな行動(操作)を"エンゲージメント"と呼び、ユーザーがバナーを見たことを示す指標として定義しました。

これにより、滅多に広告バナーをクリック(クリックスルー)はしないが、広告に影響を受け、購買行動を起こすといったタイプのユーザーをマークし、広告配信を最適化することが可能となりました。

私たちはまた、クリックとは異なるエンゲージメントの効果についても着目をしています。 エンゲージメント、インプレッション、クリック、それぞれのコンバージョンとの相関関係を調べたcomScoreの2012年の調査では、エンゲージメントが最もコンバージョンとの相関性が高いという結果が示されています。

成果報酬型:成果があがった場合に広告費をお支払いいただくモデルです

MediaForgeでは、"エンゲージメント"が発生した後に生じたコンバージョン(成果)に対して広告費をお支払いいただきます。つまり、私たちはユーザーがバナーと接触したことを証明できる配信のみをMediaForgeの広告がコンバージョンに寄与したものとして対象範囲を限定し、且つ、広告主様が成果を得たときにのみ広告費をお支払いいただく成果報酬型のモデルを採用しているのです。

キャンペーンをトータルに運用:バナー制作から広告配信の最適化、効果計測までを当サービスが担います

"エンゲージメント"にフォーカスを置くという私たちのコンセプトは、バナーのデザインから効果計測に至るまで、私たちが担うキャンペーンの運用全体にも反映されています。そのため、バナー制作や広告在庫の買い付け・配信の最適化、効果計測・レポーティングなどの一連のキャンペーン運用は当サービスが担います。

高い透明性:インプレッション、エンゲージメント、クリックそれぞれのパフォーマンスをレポート

MediaForgeではバナーのインプレッション、エンゲージメント、クリック毎の回数はもちろんのこと、それぞれが発生した後にどのくらいのユーザーが広告主のサイトを訪れ、コンバージョンに至ったか等、キャンペーンにおけるパフォーマンスを計測・集計し、管理画面のレポートに反映させます。

<パートナー>

ソリューションを支えるパートナーシップ

MediaForgeはそのアドテクノロジーとパートナーの技術協力の下にソリューションを提供しています。
広告配信においてはDSP関連事業社各社と連携し、キャンペーン運用の最適化を図っている他、 タグマネジメント事業社との提携により、既にパートナー企業のサービスをご利用中のお客さまには、 とても簡単にMediaForgeのサービスをご利用いただける環境を整えております。

このページのトップへ